プレイ無料!ブラウザで遊べるHTML5ゲームのサイト!

TOP> 記事一覧> 体感の幸福度と満足ラインについて

2020/03/30

体感の幸福度と満足ラインについて

タグ: ランダムな考察

このエントリーをはてなブックマークに追加

満足ラインの変動を考える

先の例では「水道水を普段から飲んでいてミネラルウォーターをあまり飲まない人がミネラルウォーターを飲んで満足した」という話でした。

この人の普段水道水を飲む時↑の例の直後に水道水を飲む時だと、後者の満足度のほうが確実に低いでしょう。

つまり、満足ラインは満足ラインを超える幸福度を得た時に少なからず上がります

ではこの人が今後水道水を飲む時の満足度はずっと低いままでしょうか?

これもまた違っていて、ここからしばらく水道水を飲んでいれば満足度は最初のガブガブ飲んでいた頃とほぼ変わらなくなり、 この状態からまたミネラルウォーターを飲んだ時は「やっぱり美味しいな」と満足度に変化はほぼ無いでしょう。

そうすると、満足ラインは「一定の間満足ラインを大きく超えなければ下がる」とも言えます。

一方でお気に入りのミネラルウォーターがあるAさんがずっとミネラルウォーターを飲まなくても、水道水で満足するとは言い難いです。

つまり満足ラインは「期間経過では満足ラインは下がりきらない」とも言えます。

満足ラインの特徴のまとめ

ここまでの話から満足ラインには以下の特徴があると言えます。

  • 満足ラインを超えた幸福度で満足感を得る
  • 下回る幸福度では満足感を得ない(むしろがっかりする)
  • 満足ラインを大きく上回るほど、より満足感を得る
  • 満足ラインを超えた幸福度を得ることで、満足ラインは上がる
  • しばらく満足ラインを大きく超えないことで、満足ラインはある程度下がる
  • 一度上がった満足ラインは、完全に下がり切ることはない

この話をうけてどう振る舞うのがいいか

個人として体感の満足度を上げるには「より幸福度の高い出来事を経験する」「満足ラインを下げる」の2通りとなります。

前者は先の通りとにかくコストがかかります。後者は自分がどういう道を進んでいくかで変わりますね。

ここまでの話で満足ラインは低ければ低いほどいいと思われた方もいるかも知れませんが、そうもいきません

理由は2つあり、1つは「上がりきった満足ラインが下がらない事」から年々満足ラインが上がっていくか、ずっと不幸でいるかという特徴があります。

誰しも不幸では居たくないので、低くキープするには「大きすぎる幸福度の出来事を避ける」「幸福度の高い出来事は、期間をおいてしか得ない」という事が求められます。

さてこの方法で低くキープしたとして、不幸ではないでしょうが果たして?(個人の価値観がありそうですね)

もう1つの理由として、周りの人間の満足ラインとのズレが挙げられます。

これは高すぎても低すぎても言えることですが、基本的には年々満足ラインが上がっていくという特徴から年齢を追うにつれて自分の周りの満足ラインは上がっていきます。

例えば1回1万円の食事が周りの平均的な満足ラインだったとした時、自分だけ3千円の店が良いと言っても少なくとも周りは満足せず、お互い話が合わなくなることは必死です。

つまり、「低くキープして周りとの関係を減らす」か「ある程度周りに合わせてラインを上げる」かのどっちかが求められます。

この他に付き合う人間を自分の満足ラインに合わせて変えていく、という手法もありますが個人的には出来ない手法ですね。

さて、ここまで後は個人の価値観になるので一般論として考えられる部分は終わりかなと思います。

まとめ

同じ幸福な出来事にも、人にはそれぞれこのラインを超えると幸福と感じる、という満足ラインがある。という話でした。

満足ラインは低ければ低いほど自分の体感の幸福度は上がりますが、低くキープするには皮肉にもあまり幸福にならないよう努めるという話とも言えます。

あなたはどう自分の満足ラインと向き合っていきますか?


思考記事は毎週月曜/木曜の週2回更新されます!もしこのような記事が好きなら是非またアクセスしてください!

感想・リクエストなどは公式Twitterアカウント(@santmove_com)まで是非ご連絡よろしくお願いいたします!
また、ゲーム・ブログ記事の感想なども励みとなりますのでよろしくお願いいたします!


当サイトはブラウザで遊べるゲームサイトです。

最新のゲームです!
四季一閃

四季一閃

春夏秋冬のパネルを1列に揃えて連鎖を狙おう!

人気のゲームです!
避けて食べてペンギンタワー

避けて食べてペンギンタワー

ペンギンだって暖を取りたい!氷を避けて登って、アツアツ料理を食べよう!

よかったら遊んでいって頂けると幸いです!面白かったら是非シェアしてください!

また以下のリンクよりお買い物頂けるとサイト運営の助けとなりますので、もしよろしければ是非よろしくお願いいたします!

楽天市場

amazon

良ければ是非いいね・シェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のコメント

この記事にはまだコメントがありません。
はじめてコメントしてみませんか?


ログインするとコメント出来ます!
ログイン
無料アカウント作成

ログインしていません!

アカウントを作るとスコアの保存・閲覧が可能です!(無料です)
アカウントを作る!

サイト運営者

運営:株式会社サントムーブ

案件の依頼や問い合わせなどはコチラ!

メンバー

santmove.

プログラマー(代表取締役)